キレイなオフィス

会社に合う物件

都会のオフィス街

個人のネットワークから大規模な情報ネットワークの活用への大きな変化

新しく会社を設立したりお店を開業するための物件探しは、古くから経営者を悩ませる大きな問題である。しかし昭和30年ごろであれば、個人のネットワークを上手に活用して、最も適したテナント募集情報を紹介してもらえたであろう。また時代とともに不動産業者の情報共有も進んできたので、次第に物件情報を比べやすくなったのが歴史的な大きな変化である。そして近年では物件を探す個人がネットでテナント募集情報をチェックするので、物件探しの初期段階では業者を利用しないのが一般的である。そしてウェブ上で魅力的な物件を見つけ出してから業者に相談するのが最近のトレンドである。したがって物件を探す個人の情報力が大きくなったのが、これまでの歴史の特徴であろう。

今後のテナント募集情報の探し方の予測

今後のテナント募集情報探しでは、情報メディアの発達が人々に大きなインパクトを与えるであろう。特にネットを通じて物件を探すだけではなくて、メールを使って賃料交渉も行えるようになるであろう。またテナント募集の情報サイトで賃料や保証金などの諸条件の一般公開も進むので、確かな情報に基づいてオフィスや店舗を借りることも可能であろう。一方で不動産会社の物件探しのサポートの多様化も予測されており、特にオフィス移転やオフィスデザインなどのサービスの一括利用も可能になるであろう。そのために物件探しの時間の短縮化と同時に、入居して開業するまでの所要時間も短くできるであろう。したがってビジネスのスピードが今後も加速化して、独立開業も容易になるであろう。